インスタストーリー 好きな人が上位に来る機能 なくなった?

みんなインスタやってますか?ちょっとインスタに関して思うことがあったので、今日はそのことに関して記事を書こうと思います!

 

好きな人、インスタストーリーで先頭に来る問題

 

これ、僕もずっとそうだったんですけど、その時気になってた人のストーリーが一番左に来てました(笑)

さらには僕のストーリーを見てくれた人の履歴でも、なぜか一番上に好きな子が常に来てました。

知恵袋を見ても、得られるのは「見た順番に表示されてるんじゃないかな?」とか、もどかしい回答ばかり。

 

”あなたたちは恋したことがないんですか!!!”

 

そして、そんな回答をみて、「思い違いだったのか。。」と若干シュンとしちゃってるそこのあなた!

大丈夫です。ここに味方がいます。

 

とはいったものの、最近、若干インスタストーリーの順番が変わったような気がします。

とくに、閲覧者でいつも上位に来る「イツメン」が大幅に入れ替わったみたいですね。

気になって他のブロガーさんの記事を読んでみたりしたところ、同じく違和感を感じてる人も少なからずいるようです。

 

知恵袋には依然、「閲覧順」派と「関心順」派の回答が混在。

ブロガーさんの間でも意見が分かれており、中には、ストーリーの順番は「閲覧順」であることを検証して裏付けをとったブロガーさんもいました。

 

それでもこの疑問が解決できない原因はどうやら、Instagramの公式がアルゴリズムの変更をしたかどうか明言していないことにあるそうです。

 

この終わりなき論争から、自分なりに納得できる結論が欲しい人のために、

僕は二つの仮説を用意しました

 

・Insta社の策略説

パラレルワールド

 

インスタ社の策略説

よくよく考えてみてください。こんな論争起こってるのに、回答をあいまいにしているんですよ? そもそもわざと回答を明白にせず、閲覧順or関心順の噂が広まるのを期待していたと考えられないでしょうか?

もし本当にそうであるなら、結論は知る人のみぞ知るですし、インスタには一本取られた形になりますね。(笑)

 

パラレルワールド

電子は観測者によって、点に見えることがあれば、波に見えることもある。

スタップ細胞は、小保方さんには確かにあったのかもしれないし、

同じ赤色を見ても、僕と君の見ている赤色というのは全く別の色かもしれない。

世界というのは、複数の形相が重なり合ったものである。

あの時あの子に告白しなかった自分の世界と並んで、告白した自分の世界が同時に存在しているのである。

 

パラレルワールド仮説はつまり、「閲覧順に並ぶと思ってる人には閲覧順に並んでるように見え、関心順に並ぶと思ってる人には関心順に並んでいるように見える。」

という、パラレルワールドを前提とした仮説です。

 

そう思うと、なんだかすごい腑に落ちませんか?

 

まとめ

本記事を機に、もうストーリーの順番について考えるのはもうやめましょう。時間がもったいない。

 

そして、皆さんならどちらの仮説を支持しますか?

 

僕は、後者を取ります。

なぜなら「甘っちょろい戯言のほうが好き」だからです。

 

ありがとうございました。